読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国政府奨学金奨学生に採用され中国で留学生になる方法

【締め切られました】2017年1月末募集締め切り!学費、寮費が免除、毎月4万5000円の生活費が支給される中国政府奨学金に挑戦

外国人体格検査表提出編 4月上旬

外国人体格検査表提出編 4月上旬

自分が訪れた国立病院は地元に中国出張をする企業が数社有り、その企業の従業員に対して同じような診断をすることがあるため検査自体は慣れているようでした。

 

自分の場合、初回の検査で丸一日、その後、出来上がった検査表を取りに行くため、合計2回病院を訪れました。

最終的に検査にかかった費用は約2万5000円でした。これは病院によって3万円前後になる場合もあるそうです。

 

募集ウェブサイトからダウンロードした外国人体格検査表に記入済みの物を受け取り、血液検査や心電図などの証明書と胸部X線検査のレントゲン写真を受け取ります。

自分は胸部X線検査のレントゲン写真以外全てコピーを取って文部省に送りました。コピー元の原本及びレントゲン写真は8月の渡航時に持参する必要があるため保管しておきましょう。

 

この外国人体格検査表を提出後、次に通知が来るのは8月上旬となります。

それまでに学生の人は休学手続き、社会人の方は退職手続きなどを進めておくと良いでしょう。