読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国政府奨学金奨学生に採用され中国で留学生になる方法

【締め切られました】2017年1月末募集締め切り!学費、寮費が免除、毎月4万5000円の生活費が支給される中国政府奨学金に挑戦

書類選考合否連絡編 3月上旬

書類選考合否連絡編 3月上旬

2月上旬に書類を送り3月上旬頃に書類選考の合否通知が郵便で送られてきました。

合格していれば面接試験へお越しくださいという内容と持参物の説明が書かれています。

持参物は受験者の住所氏名を記載し必要金額の切手を貼った封筒を用意するようにということでした。面接試験の合否連絡に使われるようです。

面接会場はお台場ですが募集ウェブサイトに面接の日時は書かれているため慌てることは無いと思いますが、指定された面接時間が午前九時頃だったため東京在住でないブログ主は前日にお台場に前乗りすることにしました。

ウィラートラベルで往復のバスを確保し、

お台場周辺にホテルを確保しました。

 

書類選考の合否通知を受け取ってから面接試験までは2週間もありませんでしたが、その間に提出していた研究計画書を再度読み込み、想定される質問を考え面接試験対策を行っていました。