中国政府奨学金奨学生に採用され中国で留学生になる方法

【締め切られました】2017年1月末募集締め切り!学費、寮費が免除、毎月4万5000円の生活費が支給される中国政府奨学金に挑戦

留学中に免許を失効させないために~運転免許証の期間前更新~

運転免許証の期間前更新について

 

ブログ主は留学前の生活ではほぼ毎日クルマを運転していました。

 

自動車免許も18才の時に取得し既に何度かの更新を経てゴールド免許になっていました。

そして今回、留学をするにあたって不安だった事項は免許更新について。

 

ゴールド免許の場合、更新は5年に1度誕生日の前後1ヶ月に行わないといけないのですが、ブログ主の様に中国に3から4年滞在する場合はちょうどそのタイミングで帰国出来るかどうかが分かりませんでした。

 

そんな時は免許証の期間前更新をしておきましょう。

 

例として、5月10日が誕生日であり、2018年の誕生日前後1ヶ月に免許更新が控えている人の場合にそって書きます。

 

 この場合、2018年の4月11日から6月10日までが免許更新時期となっています。

しかし、実際中国でこの時期は学期内のため、一時帰国をするのが難しい場合もあります。

そのため、免許証を中国渡航前に一度更新しておくことをオススメします。

2017年8月末に渡航する予定の場合、渡航前に更新しておくことにより、ゴールド免許のであれば、更新日から次の誕生日までの期間、及びそこから更に4年後までが次の有効期間になります。

本来の更新日と比較すると有効期間が1年ほど短くなりますが、更新期間に合わせてわざわざ日本に帰国する必要がなくなるため煩わしさがありません。

 

注意点としては誕生日前に期間前更新をしてしまうと、有効期間がとても短くなってしまいます。

例えば5月10日に誕生日の人が5月9日に更新をしてしまうと、更新翌日から4年間の有効期間になってしまいます。

その場合、5月11日に更新をすることにより、翌年5月10日までの期間、及びそこから更に4年間が有効期間になります。

ここは注意が必要です。

 

 免許証の期間更新に必要な物は以下の通りです

・免許証

・パスポート

・更新費用(通常更新の費用と同額です)

※各自治体によって異なる場合があるため、事前に『県名 免許更新』などで検索して最寄りの免許センターに問い合わせをしておくことをオススメします

 

月額324円『050plus』活用のススメ

『050plus』というIP電話アプリがあります。

留学中、日本で使っていた携帯電話番号は既に解約してしまったが、日本にいる友人から電話を受けたいという場合に最適なサービスです。

www.ntt.com

 

f:id:kijmu:20170606151911j:plain

『050plus』というアプリを契約すると月額324円で050から始まる11桁の電話番号が付与され、スマートフォンがインターネットにつながる状況であれば、何処でも電話の発着信が受けられるサービスになっています。

 

アプリをインストールし月額契約を済ませると05012345678(※例)のような電話番号が支給され、日本から直接電話を掛かってきてもすぐに受けることが出来ます。

また、アプリ上で直接日本の携帯電話番号、固定電話番号に安価で電話を掛けることが出来ます。

携帯電話番号へは1分17.28円

固定電話番号へは3分8.64円

050plus同士であれば無料で通話をすることが出来ます!

 

登録にはクレジットカードが必要になります。

2017年6月現在、月額使用料が2ヶ月無料のサービスを実施しています。

人民元に直すと毎月およそ20元ほどで日本にいる時と変わらない電話番号を維持できるため非常におすすめです。

中国留学にあると良い物

中国留学にあると良いもの、実際にブログ主が日本で購入して中国で使って良かったと思うものを紹介します。中国で売っていないもの、売っていても日本で買うより何倍も高いものを中心にまとめています。

 

イソジン系うがい薬

正直に言って中国の空気は悪いです。特に日本から来たばかりの頃は慣れるまで時間がかかり風邪をひいてしまう人もいます。

風邪をひいてしまうと限られた留学の時間を無駄にします。まずうがい手洗いに気をつけることは基本であり、最も重要な部分です。

 

電動歯ブラシ&替えブラシ

 

中国でも歯ブラシを購入することは出来ますが、やはり日本人が使い慣れたタイプの歯ブラシは日本で購入していったほうがコスパが良いです。替えブラシは1年間で3本もあればだいたい足ります。

 

歯磨き粉

中国にも中国メーカーの歯磨き粉がもちろん販売されています。しかし、日本の歯磨き粉に慣れていると中国メーカーの歯磨き粉はやはり違和感があります。

1日3回歯磨きをする人でもチューブの歯磨き粉を 1年間あたり2本も持っていけば十分足ります。

 

変圧器

中国の電圧は220Vが一般的なため、日本の100Vを使用する電化製品は使うことが出来ません。そのため、変圧器を用いる必要があります。

上で紹介している電動歯ブラシも100Vであるため変圧器を合わせて持って行くことが必要になります。

 

虫除けスプレー

中国では地域によって特に夏場に虫が多く出ることがあります。街歩きをする際など虫除けスプレーがあると非常に便利です。

 

シャンプー&洗顔料

上記はブログ主が実際に使っている商品です。

ブログ主はボディーソープのみ中国で売っているダブを使っていますが、それ以外のシャンプー、洗顔料は日本で購入して持ってきています。

シャンプーは500ミリリットルを3本程、洗顔料は200ミリのチューブで3本あれば一年間足ります。

 

海外対応ドライヤー

中国の大学寮に入る場合、ドライヤーはまず備え付けられていません。自分で購入する必要が有りますが、入学後初日から十分な時間をもって買い物に出かけられるかというと 厳しい所がありますので、海外対応ドライヤーを1つ持っていくととても便利です。

 

 乳液

これはブログ主が洗顔後に実際に使っている乳液です。一本あたりの値段も安く、一年間で3本も有れば足ります。

 

 リセッシュ系消臭スプレー

中国留学では何着も服を購入することが出来ないため服のローテーションが少なく、匂いのついてしまったジャケットなどもまたすぐ次の日に着ないといけないことがあります。そんな時に消臭スプレーが一本あると非常に便利です。

 

携帯ウォシュレット

中国ではウォシュレットが付いているトイレはまだほぼありません。特に大学寮に関して言えばおそらく100%無いと思われます。しかしウォシュレットに慣れてしまった日本人にとって、ウォシュレットが無いことは非常に辛いです。この携帯ウォシュレットがあればとても快適にトイレを過ごすことが出来ます。

この携帯ウォシュレットは本当におすすめです。